桑名市 いなべ市 木曽岬町 東員町

〒511−0125 三重県桑名市多度町力尾
TEL 0594−31−8880 FAX 0594−31−1032

リサイクルプラザ

高精度の選別により、ごみの資源化を徹底。
施設規模
1)不燃・粗大処理施設  55t/5時間×1系列
2)資源化施設 7t/5時間×1系列
(内訳)缶選別施設  5t/5時間×1系列
びん選別施設 2t/5時間×1系列
竣工 平成15年3月20日
受入供給設備 ピットアンドクレーン及び直接投入方式
破砕設備 高速回転式破砕機×1基、低速回転式破砕機×1基、破袋・除袋機×2基(びん用・缶 用)
集じん設備 サイクロン+バグフィルタ方式
選別 種別 可燃物、不燃物、鉄類、アルミ類、色別 びん選別

リサイクルプラザの目的
 今まで、私たちは大量生産・大量消費を繰り返してきました。その結果 、環境への負荷を増大させてきました。このような問題を解決するためには、ごみは資源という観点に立ち、リサイクル等を積極的に進め、循環型社会を形成していかなければなりません。
それを実現していくのが、当施設の役割です。
ごみ減量化のキーワードは“3つのR”
リデュース
なるべくごみを
出さない
リユース
繰り返し何度も使う
リサイクル
ものを資源として
生まれ変わらせる
フローシート

リサイクルプラザで選別された資源の行方
 回収されたごみ資源は、リサイクルプラザで破砕・圧縮などされた後、再生工場へ送られ、資源として新しい製品に生まれ変わって、再び私たちの生活にかえってきます。こうすることによって、エネルギー資源の節約にもつながるのです。
ごみ資源 新しい製品
カレット(透明) 再生工場で溶かして同色のびんやガラス製品に成形します。 同色のびん・ガラス製品
カレット(茶色) 再生工場で溶かして同色のびんやガラス製品に成形します。 同色のびん・ガラス製品
カレット(青緑・黒) 再生工場でさらに砕いて粉状にします。それを鋪装資材などに混入しています。 道路の鋪装資材など
鉄・スチール缶 再生工場で溶かして地金にします。この地金を元に建築資材などが生産されます。 建築資材など
アルミ・アルミ缶 再生工場で溶かして地金にします。この地金を元に電気製品や自動車のアルミ部材などが生産されます。 電気製品など
紙類 新聞・雑誌・段ボール・牛乳パックは、再生工場で加工して、再生紙などになります。 再生紙
布類 回収された布類は再利用したり、ウエスや加工原料などになります。 布製品

RDF化施設

 リサイクルプラザ 

 プラスチック圧縮梱包施設 

管理棟